So-net無料ブログ作成

昼ドラ 幸せの時間 ネタバレ 2話 [昼ドラ 幸せの時間 ネタバレ]

スポンサーリンク




昼ドラ 幸せの時間 ネタバレ 2話

衝撃のすべりだしで圧倒された昨日ですが
いよいよ序盤の始まりです。

さてどうなりますか?

事故被害者としてであった燿子の悪魔の誘惑が始まる
突然家に来たのは達彦の同僚の矢崎だった
変な仮面を持ってきていたようだ
それに驚く智子だった
どうも海外のおみやげを引越し祝いと称してもってきたようだ

普通に接しながら、娘の香織に抱きついたりしてふざけている矢崎

そんなとき達彦はもどってくるが何か不機嫌そうだ


そして次の日
達彦はどうしても燿子を探してしまうが、息子に呼ばれ我に帰る
燿子のことが気になってしょうがないようだ

そして家では、花屋の店員がまた来ている
この前燿子に花を持って言ったと
そして事故のことを話してしまう智子

そんなことをしている店員にちょっと休んで言ってという智子

そして店員は洗面所で手を洗っているが何かを見つけたようだ
それは下着だった、思わず手に取ろうとするが
智子に呼ばれ我に帰る

そしてリビングでお茶を飲んでいる二人
家の所々がきしんでいる
また、玉を転がる

二人して床をしらべていると店員は知子の見えそうで見えない
スカートの中が気になる

そして突然、達彦の両親がやってくる
これで店員はまた我に帰っている…

その夜
両親と家族とで夕食をしている

しゃあしゃあと達彦の母はうるさくしゃべっている
姑の嫌味が炸裂している

昼間の花屋のことを達彦の母にちくられる智子
「誰だ」
とちょっと怒り気味の達彦だが
智子は花屋の店員であることを伝え
床のきしみやら立て付けが悪いやらと話しだすと
達彦が怒り口調で
「この家の設計と施工はおれの会社でやったものだ」と言う

その場はちょっといざこざになっている
母親が結婚式の嫌味やらいっていると
達彦は怒って部屋に行ってしまう。

寝室でもいざこざが何を思ったか
智子にのろうとする達彦
でもいつもと違うと拒否する智子
智子は部屋からでていくと達彦の携帯にメールが
燿子からのメールで今日会う約束をしていたみたいだが
急な両親の来訪でダメになったのが
天国から地獄に落とされたようだと言う内容

そして智子は娘の香織の部屋にいる
そして事情を聞いていたと香織
ま~気にするなと言いながら
明日から弁当のおかずを増やしてくれと

次の朝、帰省する達彦の両親に弁当を渡す智子
嫌味を言われながらも。

そして起きてきた達彦はごきげんななめだが
父親にちょっと苦言を言われ、納得しているようだ

そして香織の学校
智子に作ってもらった弁当を男子学生に競売している
男子学生は弁当の値段を吊り上げながら、650円で落札

場面は良介に公園で昼ごはんを食べている
そして近くでは絵描きのお姉さんがいる
強気なお姉さんで客は逃げているようだ

そして良介を見つけよっていく
キャラ弁を突っ込まれている

恥ずかしいからこんなことろで食べてるの?と突っ込まれながら

突然絵を500円で売られるが拒否する良介
絵描きのお姉さんは電話がかかってきてどっかに行ってしまう
特別にあげるよと絵をもらう、ま~とまどっている
(導入部分なようですね)

家では智子の親友のみどりが来ており
昨日の旦那のおかしなことを話すと
それはダメだね~と世間話

夜は達彦は燿子と会っている
寿司を食べにいったようだ

そして帰りに燿子の部屋により
ま~むさぼりあう二人
そんなことをしている時
家族は家で団らん中
幸せな様子だが

それぞれの思惑と秘密が錯綜しだす…

さて、どんどん盛り上がる布石が揃ってきたね
明日は燿子と達彦がさらに加速し
香織が矢崎と…

あ~~しょっぱなから飛ばしますね~







スポンサーリンク



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。