So-net無料ブログ作成
検索選択

昼ドラ 幸せの時間 あらすじ 24話 智子は一線を超えてしまったね [昼ドラ 幸せの時間 ネタバレ]

スポンサーリンク




昼ドラ 幸せの時間 あらすじ 24話

智子は柳と一線を超えてしまった。
悪いとはわかっていてももう後戻りできない
達彦の前にまた燿子が現れた

智子は家に戻ってくると
香織がさらに広がったひび割れを指摘している

帰ってきた智子を見て香織が
「ママエステにいってきたでしょ」

母親の変化に気付いたようだがわかっていない

帰ってきた良介に
「やっぱり奈津ってこ好きになれない」そう言ってしまう。

達彦は議員の片岡を見送る
ホステス総出で

ちょっと店のママに小言言われてるが
上々のようだ
燿子はあからさまに…

智子は鏡に向かって「変わってしまった」
お昼のことを思い出している
急に入ってきた達彦にびっくりする

達彦はまた現れた燿子にビビっている

智子は「ぜったい気づかせない」そうひとりごと

次の日
篠田は庭の手入れをしている
春には立派な庭になるようにと



智子はもう柳に夢中
1時間しかないのに柳と会いに
ホテルで密会

奈津は公園で絵を書きながら
少し気分が悪いようだ

パワー注入だと言って奈津を見に来ているようだ

奈津が気分が悪いのは、妊娠検査をしている
どうも妊娠しているようだ

どうにかするからと言う奈津
「なんとかってなんだよ」そうどなるが
奈津が言う、生活力が無いってのが
良介にのしかかる

「失敗したんだよあたし達」そう言ってなきくづれる奈津だった

父親の納骨の日
智子は母親と来ている

結局一緒の墓に入るのか?
そんなことを母親はしみじみと語っている
「嫌だ」とそんな感じで


議員の片岡から燿子をどうにかして欲しいと頼まれる

店に行き燿子を指名する
少し今までのことを振り返りながら
店の外で会えないか?と燿子を誘う

良介は思い悩んでいる

奈津に電話すると
体調が悪いという奈津
もう病院にいってどうにかしたいと言う奈津に
良介は受験が終わるまで待ってと言う

そんな会話を盗みきいてしまう香織

智子は疲れている達彦にやさしいことばを投げかける
すると達彦は急にやさしくなった智子に
「なんか変わったな」というと
あなたを気遣って的な話でかわす智子

柳は妻ゆきに話しかけられてもうわの空で

さて家族それぞれの思惑が全く交差せず
バラバラになっていく。

智子は柳のことを
達彦は燿子のことを
良介は奈津のことを
香織は良介と奈津との関係に不安を

それぞれがバラバラになっていく

さて
奈津に子供ができたのを知ってしまう智子
もう終わりだと発狂してしまう




スポンサーリンク



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。