So-net無料ブログ作成
検索選択

昼ドラ 幸せの時間 あらすじ 29話 奈津があ~まさか? [幸せの時間 ネタバレ]

スポンサーリンク




昼ドラ 幸せの時間 あらすじ 29話

奈津が良介に子供を処置したと謝る
そんな状況に途方にくれる良介は
夜に実家に帰る良介だった

良介は家ですべての出来事を話す

涙と
達彦など親にとってはよかったと
いろんな思惑でこの出来事は進んでいく

良介は奈津とのできごとを回想しながら
でも今回のことで落ち込んでいるようだ

達彦はよかったと
たんたんと智子に話している
そんな達彦に
あの子も傷ついたんだからと肩を持つ

そんな話をしていると
智子が
「私達昔どんな会話してたっけ?」
そんな突拍子もないことを

今は本心むき出しでしゃべっている

いい夫婦を装うのがいいのか?
本音で言うのがいいのか?
そんな達彦の問に答えられないというか
そのまま帰す智子だった。

智子は奈津のマンションにでかける
奈津にあって
弁当を持ってきている
奈津はなにも反応しないが
「昨日はよろこんだんでしょうね」そんな嫌味をいいながら
以前宣言した奈津を思っていてのに
今回の結果になったのは?
そんなことが気にかかる智子だった

強がる奈津だが、そこに智子がまた詫びるが
奈津が餌付いてしまう

まだ赤ちゃんはお腹にいるようだ
声が聞こえた
良介にプロポーズされた時に と語る
そして泣き出す
なにか?あったようだ
根っこが腐っている そんなことも奈津は言っている

「あの女が、あの女が」そんな悪夢に悩まされているようだ
その女とは、奈津の母親だったようだ

奈津が子供を生むってことは、黙っていてと
智子にお願いする奈津
決心は硬いようだ

達彦の会社
片岡議員より電話がある
そして喜びながら片岡のもとに向かうが
議員は怒っている
燿子のガードが硬くて困っていると

そしてその足で燿子のもとに
ちゃんと相手をしないのか?
そういうと燿子は
じらしていると
せっかくのチャンスだからと

そして家では封筒が届いており
中には写真が入っている

その情報を元に
奈津の母親に会いに行く智子
どうも興信所に調べさせていたようだ

そして話をしようとするが
奈津の母親はかなりの変わり者で
「娘なんていない」
「どうなろうがしったことじゃない」
「好きにして」
と無関心
そんな母親に呆然とする智子だった
奈津と母親に間には過去にいろんな因縁があったようだ

家では家族4人でひっそりと夕食をとっている

良介に智子は
「このまま吹っ切るの?」というが
良介はもうあまり感心ないようだ

智子はまた奈津にまた会いに行く
また弁当を持っていく
奈津のため、またお腹にいる赤ちゃんのためにと
「おばあちゃんだから」といいながら

奈津はこの前もらった弁当の絵を書いていた
それを智子に手渡し
はじめてだった」と語る奈津
智子は
お母さんがこわいんじゃない?」
「あったのお母さんに」そういうと怒り出す…


さて来週は
奈津は生むことにしていて
それを知ってしまうみんな
どう対応するのか?
奈津の母親がからんでくるのか?




スポンサーリンク



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。