So-net無料ブログ作成
検索選択

昼ドラ 幸せの時間 あらすじ 30話 燿子の逆襲始まる! [昼ドラ 幸せの時間 ネタバレ]

スポンサーリンク




昼ドラ 幸せの時間 あらすじ 30話

良介にウソをついて無理別れた奈津だが
それは嘘だった

智子は奈津の母親に会いに行って
奈津の心理をつくが、よけいなことをしたと怒る奈津だった

奈津の母親の存在がとってもこわいんじゃないのか?
昔からのトラウマでもう聞きたくない そういう奈津だったが
真相をしってしまった智子
そんな智子に話をする奈津

子供の時の回想をする

指切りをしている子供の奈津がいる
壮絶な過去の出来事を語りだす

家族像を夢見ていたが
そんなことはなく地獄のような日々だったことを
それを聞き智子は愕然とする

奈津の心は凄まじく暗く
今までの辛い思いが智子に通じたようだ

思わず奈津を抱きしめる智子だった
「もうそんなに自分を痛めつけないで」と

奈津は赤ちゃんを産みたいけど
昔の母親の様になるんじゃないのか?
そんな不安を抱えている

自分の不幸を良介に背負わせる
それが嫌で良介別れたんだと

そこには立ち聞きしていた良介が
全てを聞き呆然としている

良介が守らなくても
智子が守ってあげるそう宣言する

自宅では夕食
家族で奈津のことを話している

智子は見下していた態度だったことを改めて
今では家族として迎えたいそう言っている

達彦は「お前かわったな」智子にそういうのだった

良介は智子に
「ありがとう」そう言う

智子を理想の母親に見ていた奈津のことを話しだす
智子の絵を書いていたと
そんな話をしだす

智子はうれしそうだ

次の日 病院にいる智子と奈津
産婦人科のようだ
そこで絵を書きながら家族像をまた語りだす奈津
描いていた家族像を自分でつくると
そう言っている

顔はすごくいい笑顔になっている

子供をしっかり育てよう
そう誓っている奈津だった

達彦の会社では
達彦が上司に怒られている
議員が事業斡旋から手を引いたようだ


店に燿子に真相を確かめに会いに行くと
店はもう辞めたあとだった
電話すると
いまから話があると呼び出す燿子だった

家に行く達彦
「議員に何を言った?」
そう聞くと
議員は達彦に対して怒っているんだと
その理由は
燿子のお腹に達彦の子供が

最後の関係でできたようだ
それを聞いて議員が怒るのはもっともだ

高笑いする燿子だった…


さて明日は責任をとれと迫る燿子
智子は良介と奈津の母親の元へ

矢崎の妻が

そして家が崩壊寸前
雨漏りが…

まだまだ波乱は続きそうだ




スポンサーリンク



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。