So-net無料ブログ作成

昼ドラ 幸せの時間 あらすじ 33話 智子の裏切りがバレるのか? [昼ドラ 幸せの時間 ネタバレ]

スポンサーリンク




昼ドラ 幸せの時間 あらすじ 33話

奈津が通っている産婦人科に燿子の姿が
久しぶりね と声をかける燿子

香織ははじめて燿子を見てわからなかったが
名前を聞いて感づく、達彦の元愛人だと

良介は建築現場を見ているようだ
棟梁としゃべっている
棟梁は家族を思って家を建てろと
そう教えているようだ

良介は建築の本を見ていると
香織が入ってきて

「会っちゃった」と燿子に

でも子供ができたことを案じている
もしかしたら父親の子供かなと
でも、昔別れたんだからと安心させる良介だった

智子はゆきの店で
料理教室のメニューを考えている
智子は、自分の作っている弁当の写真を渡すとゆきは
喜んで見ている

柳とのおのろけ話をゆきより聞かされて
少し動揺する智子だった

智子は公園でたそがれている と
篠田がやってきて
説教している
「今の暮らしを壊したくなかったら気をつけて」と忠告する
燿子が戻ってきたと

それに驚く智子
「運命だと」いっていたと
燿子は「獲物をねらう女豹」と揶揄する

夜寝室で
「また会ってるの?」と達彦に尋ねる

篠田に吹きかけられたというと達彦は少しおこるが
疑うな~的な言葉に
「つまらないことで俺の気持ちをかき乱すの辞めてくれ」
そういって仕事のこと
アザレアニュータウンの問題で悩んでいると
ヘタしたら首になると
かなりナーバスになっている

改めて智子は欠陥住宅だと思い知らされるのだった


ゆきの店では料理教室が開かれている

智子の実演に
驚く受講者たち
技術と写真にみんな智子を褒め称えている
智子は笑顔で楽しそうだ

料理教室は大成功

そしてゆきの口から燿子のことがでる

この前燿子と達彦が会っていたことを聞く
「赤ちゃんができたんですって」とゆきが言うと
驚く智子

一抹の不安を感じるのだった

会社では達彦宛に燿子の父親名義で手紙が届く
中には袋が
それが劇的な事実へと躍進する

その夜
燿子に会いにいく達彦
今日来た手紙のことを問いただすが
袋の意味が
穴が空いてる~

燿子にしくまれていた達彦だった
罠を仕組まれていたのだった

燿子に襲いかかろうとするが
燿子に静止されてしまう

責任とれと詰め寄られるが

嫁に言えば、了承するはずよ
そういう燿子は「ヒントを与えたでしょ」
そういって
柳との存在を決定づける
証拠はないけど確信していると

奥さん認めれば離婚成立だと

疑いの目で智子を見る達彦と
まだ燿子とつながっている疑いで達彦を見る智子

ふたりの探りあいが始まる

達彦は香織に柳のことを探りを入れる
柳先生はどうだと
いろんな質問をするが
香織は怪訝そう

そして香織は燿子が妊娠していることを知ってるのか?
尋ねる

香織の質問に知らないというしかない達彦だが
分からない そういうだけの達彦だった


達彦は不安を感じる

次の日
レッスンを受けている香織
終わった後香織は出ていくとすぐ
柳は智子に絡むが
智子は
「知られないうちに終わりましょう」そういう智子だったが
柳は断る
そして抱き合うが
そとで見ている篠田

驚いた二人は篠田に詰め寄るが
篠田は
「ご主人が駅から向かってます」と忠告する

どうしよう 慌てる柳と智子

駅から真顔で歩いている達彦
そしてそれを見ている燿子

役者はそろったね~
裏口から柳を連れ出す
勢いで家に入る達彦だが誰もいない

ふと智子が現れ
「早かったのね」そう言う…


さて明日は、バレちゃいます。
智子はゆきから罰をウケる
そして子供たちも知ってしまい
どいうなる朝倉家




スポンサーリンク



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。