So-net無料ブログ作成
検索選択
幸せの時間 ネタバレ ブログトップ

昼ドラ 幸せの時間 あらすじ 29話 奈津があ~まさか? [幸せの時間 ネタバレ]

昼ドラ 幸せの時間 あらすじ 29話

奈津が良介に子供を処置したと謝る
そんな状況に途方にくれる良介は
夜に実家に帰る良介だった

良介は家ですべての出来事を話す

涙と
達彦など親にとってはよかったと
いろんな思惑でこの出来事は進んでいく

良介は奈津とのできごとを回想しながら
でも今回のことで落ち込んでいるようだ

達彦はよかったと
たんたんと智子に話している
そんな達彦に
あの子も傷ついたんだからと肩を持つ

そんな話をしていると
智子が
「私達昔どんな会話してたっけ?」
そんな突拍子もないことを

今は本心むき出しでしゃべっている

いい夫婦を装うのがいいのか?
本音で言うのがいいのか?
そんな達彦の問に答えられないというか
そのまま帰す智子だった。

智子は奈津のマンションにでかける
奈津にあって
弁当を持ってきている
奈津はなにも反応しないが
「昨日はよろこんだんでしょうね」そんな嫌味をいいながら
以前宣言した奈津を思っていてのに
今回の結果になったのは?
そんなことが気にかかる智子だった

強がる奈津だが、そこに智子がまた詫びるが
奈津が餌付いてしまう

まだ赤ちゃんはお腹にいるようだ
声が聞こえた
良介にプロポーズされた時に と語る
そして泣き出す
なにか?あったようだ
根っこが腐っている そんなことも奈津は言っている

「あの女が、あの女が」そんな悪夢に悩まされているようだ
その女とは、奈津の母親だったようだ

奈津が子供を生むってことは、黙っていてと
智子にお願いする奈津
決心は硬いようだ

達彦の会社
片岡議員より電話がある
そして喜びながら片岡のもとに向かうが
議員は怒っている
燿子のガードが硬くて困っていると

そしてその足で燿子のもとに
ちゃんと相手をしないのか?
そういうと燿子は
じらしていると
せっかくのチャンスだからと

そして家では封筒が届いており
中には写真が入っている

その情報を元に
奈津の母親に会いに行く智子
どうも興信所に調べさせていたようだ

そして話をしようとするが
奈津の母親はかなりの変わり者で
「娘なんていない」
「どうなろうがしったことじゃない」
「好きにして」
と無関心
そんな母親に呆然とする智子だった
奈津と母親に間には過去にいろんな因縁があったようだ

家では家族4人でひっそりと夕食をとっている

良介に智子は
「このまま吹っ切るの?」というが
良介はもうあまり感心ないようだ

智子はまた奈津にまた会いに行く
また弁当を持っていく
奈津のため、またお腹にいる赤ちゃんのためにと
「おばあちゃんだから」といいながら

奈津はこの前もらった弁当の絵を書いていた
それを智子に手渡し
はじめてだった」と語る奈津
智子は
お母さんがこわいんじゃない?」
「あったのお母さんに」そういうと怒り出す…


さて来週は
奈津は生むことにしていて
それを知ってしまうみんな
どう対応するのか?
奈津の母親がからんでくるのか?


幸せの時間 ネタバレ 1話 [幸せの時間 ネタバレ]

幸せの時間 ネタバレ 1話

いよいよ新たなドラマがスタートです。

かなりのギリギリ路線のドラマという前評判
漫画の世界をどこまで表現するのか

現実には… なんてこともあるかも

では、ネタバレです。


家族は新しい家に越してきたようで
新築の一戸建て

しかし壁には日々が入っている


旦那は休日と称して、会社で女子社員と合体している
(いきなりですか(^_^;))

引越し中の家族
幸せそうな嫁と子供2人
長男と長女


そして夜、家族みんなで引越パーティ
引っ越してき家は旦那達彦の会社で開発した団地で
家は7000万円もしたそうだ。

ピカピカな家で喜んでいる
長男の良介はやっと一人部屋だとよろこんで
いきなり●●な本を読み良からぬことをしようとする

そして見上げた天井には、何やらシミか傷かとおもわしき跡があり
それを父親に知らせようと1階におりると
怪しい声が、どうも両親が合体しているようで

次の朝、長男は少し動揺の顔が

そとは雨がふっており
智子が運転して駅まで送って行くという

そして車を運転する智子
昨日のことが頭によぎり少し妄想していると
道に女の人がいて
達彦の「あぶない」の声も虚しく
女の人をひいてしまう。

女の人は足をけがしており
救急車を呼ぶより早いと、女の人を病院までつれていく

病院ではなきくづれる智子
「もう運転しない」と

そしてその女の人は普通に診察を終えて出てくる
「なんともないと」いいながら不敵な笑みを浮かべる

その女は派遣をしていると言っている
特に問題なさそうな感じだが…

病院で別れるが、そのまま仕事に行かず
病室に向かう
そして
「運命の人をみつけた」と病室でにゅうしている父親に語りかける
そういいながら
微笑んでいる

そして謝罪を込めた手紙を書いている智子だが
ペンを床に落としてしまう

ペンは転がり続ける

おかしいと思う智子だった

花屋で花を買いさきほど書いた手紙を添えている
店員が語りだす
「この前越してきたひとですよね、ずっときになっていたんです」と
そして
「どんな人が住むんだろうときになっていて、奥様を見かけた時にはびっくりしました」
とある意味口説くような口調で花を例えて可憐だと


そして家でピアノを弾いていると花屋が訪ねてくる
花を持ってくる
そしてプレゼントだと花を持ってくる
どうも何か狙っているような店員

そこに娘が帰ってきて、その場は収まるが…

そして夜駅前で
事故を起こされた女性が一人しゃべっている
「あなたこっちを向いて」と不気味に

あなたとは会社帰りの達彦だった
次の日の朝も同じ場所で見ているその女

そして達彦は女に気がつくが女はいなくなる


そして会社の達彦に
同僚の矢崎に絡まれるが
女の名刺を見ながら電話する
高村 燿子というようだ女は

なんどか見かけたと語る燿子

そして談笑しながら食事する燿子と達彦


若干酔ったといいながらちょっと挑発する
そして達彦はアドレス交換をして欲しいと
してやったりの顔をする燿子

そして燿子が家に帰ると花屋が来て
どうも智子が贈った花のようだ

そして花を投げ捨てる燿子
不快な顔をしている

そして智子は何か叫んでいる
で不気味な仮面が落ちて…

初回が終わりましたね

ま~導入部分なんでよくわかりませんが
30分のなかにこれでもかってほど出してくるよねアレを

明日は動くぞ~

明日は、家のおかしなことを達彦にいう智子だが…
そして花屋が押しかける
いろんなできごと盛り沢山だ




幸せの時間 ネタバレ ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。