So-net無料ブログ作成
検索選択
昼ドラ 幸せの時間 あらすじ ブログトップ

昼ドラ 幸せの時間 あらすじ 18話 [昼ドラ 幸せの時間 あらすじ]

昼ドラ 幸せの時間 あらすじ 18話

智子は憧れの柳にあってよろこぶ

柳を香織のバイオリンの先生として家に呼ぶ

柳は香織に指導する そして曲付き合ってくれませんか?
そう誘い
智子は柳と音楽を奏でる

香織はそのことで笑顔を取り戻して
夕食の会話も弾んでいる

次の日 みどりが訪ねてきて智子がもとにもどった
初恋の人にあったからかな?そう聞くが…

みどりからクリスマスディナー券をもらう智子
夕食でチケットの話をし
クリスマスに智子は達彦と出かけることになる

そんな話をしたもんだから智子は下着を買いにいく
ちょっと楽しそう

良介は奈津と出会い奈津は
おまもりをプレゼントする(クリスマスプレゼントっていってるからクリスマスかな)

良介も奈津にプレゼントをそれも手紙付きで

奈津もいい顔になっている
もうバイトはやめたようだ
そして良介に惹かれてだしている

達彦は急に仕事で接待が入って智子との食事にいけなくなったと
それを電話すると智子はがっかりする

街を歩いている智子に柳が声をかける
事情を説明すると柳は
旦那のかわりになれないか?そう提案する

そのまま二人で食事に出かけていく

病院では矢崎の妻と合っている香織
話をしていると妻は咳き込み倒れてしまう
集中治療室にはいったと香織が電話するが
矢崎はいかないと断る
矢崎はおでん屋台で飲んでいる
香織が近寄ると
矢崎は「怖いんだ怖いんだ」そう言っている矢崎
もう妻は長くないと
もうなんともならないようだ

柳と智子は食事している
すてきなクリスマス・イブになっているようだ

「智子さんきれいになった」としあわせそうだ
そんなことをいうと智子は先日あった達彦と燿子の騒動を話してしまう。

ゆるせないな そういって柳はおこるが
「僕だったらまもるのにな」そんなことをいいながら
ある意味口説いているようだ

病院でもう昏睡状態になろうとしている矢崎の妻が
香織にバイオリンを弾いいてくれそうお願いする。

香織は必死に弾き、矢崎は付き添っている


そして智子と柳
もう帰ってきている
別れ間際に柳が
「今日のことは内緒にしといて」そう智子に言う
妻にいうとややこしくなるし と
そして
「岡島智子は僕の初恋のひとだから」そういって立ち去ってしまう

そんな言葉にすこしクラっときた智子だった

でもそんなやりとりを見ている篠田がいる

それぞれのクリスマス・イブが過ぎていく…

そして達彦が帰ってきていきなり今日は抱きたいと…

さて
明日は

智子の父親が倒れる
最悪の結果になり、たよりにしていた両親との関係が崩れていく

智子は…

篠田は柳に近づき…

あらたな出会いから愛の連鎖が絡みだす
こんどは知子のスキャンダル



昼ドラ 幸せの時間 あらすじ 17話 [昼ドラ 幸せの時間 あらすじ]

昼ドラ 幸せの時間 あらすじ 17話

家族再生計画をはじめる
智子だが家族は信じられないし
不信感が拭えないのでそんなことはできない

香織ははっきりと智子に言うが
智子はピシャリと抑え、平手打つ

智子は香織に聞く
「どうしてそんなに矢崎さんが好きなの?」

気になる智子は、香織に聞く
香織は
奥さんを大事にしている姿がきになる
おばさんの役に立ちたいと

軽はずみな行動をしないこと
そう香織に注意する

おぞましい記憶をリセットしようと
香織に提案するが、
香織は反発し、いろいろな不満をぶちまける
ただ逃げているだけだと

でもそれを聞き流し、香織を説得しようとするが
香織は
「智子は自分の都合のいいように言っているだけだ」と

智子はその言葉に、いらだちを覚える

一方達彦の会社では
廃材を使用した建築会社社長を呼んでいる

「うわさはほんとうだった」
アザレアニュータウンに廃材を使用したことを認めた
達彦は家を建設する材料にもつかったのか?
そう聞くと「使っていない」そう答え

菓子折りを差し出す
達彦は中をあけると
中には札束が
その札束が入っていることを知っているかのように
達彦は取り出し
「この金でゆるせというのか?」そう聞くが
ゆるせない達彦は帰れと業者に言うが
業者は開き直り
今回の不祥事がバレると監督責任を「問われ
達彦は部長に昇進できないぞ
そう脅すのだった
でも屈しない達彦
「なめるな~」とさけぶ

家に帰って達彦は家を調べるが
予想以上にひどく、進行しているようだ


病院に矢崎の妻のお見舞いをする香織
矢崎も来て、クリスマスのこと話 和んでいる

帰りにおでんの屋台に
そこで矢崎は香織になんでって聞くが
入院費のためかって
香織はそうじゃないとなんかおばさんのためにと
「2番めの女でいいよ」という香織に矢崎はなんとも言えないな~って感じで

帰宅すると晩御飯を食べている3人
なんで外で食べてきたのか?
そう問い詰める智子に反発し、部屋にこもる香織

家族は冷め切っているようだ
達彦の会話も空回りで…

次の日 智子は香織が通っていたバイオリン教室へ
「うちの子はがんばってますか?」そんなことを聞いている
香織は休んでいると聞く
ちょっと小言を言われて

怒りながら帰る智子にバイオリンの音色が聞こえる
その店は保田圭のやってる店だった

ふと立ち寄ってみると
バイオリンを弾いている男がいる
聞き入っていると男が振り向き

話しかける「もしかして智子さん?」
そうですがと答える智子に
「柳です」そう答える

柳 柳 智子ははっと思い出す
「柳くん?」表情が柔らかくなりうれしそうな智子

そして柳は近づき
「久しぶりといきなり抱きつく」
それにおどろく智子だった

懐かしいわね~ そんな話をしていると
ゆきが帰ってくる(保田圭です)

そこで柳がゆきに古い知り合いなんだ~と言うと
「やっぱり智子さんとは縁があったんだ~」ってよろこぶゆき

柳はバイオリンの講師をやっている
生徒は多数有名大学留学をしていると
それを聞いた智子は「ぜひうちの子を見てやって」と
たのみこむ
「運命よ」そんなことを言い 微笑む智子だった

夜 家では食事しながら
バイオリンをもう一度やり直すんだって香織に言う智子だった

ゆきの店にうつり

篠田が食事している閉店でもかえっていないようだ
ゆきが篠田は家族みたいなものだから気にするなみたいな感じで

そこに柳が迎えに来る
篠田と話をしていたことを柳に話している

次の日智子は昔の写真(柳との発表会かな)の写真を見ている
そして化粧をしている
なんだか浮かれているようだ
柳が訪ねてくる
ほんとうに浮かれている智子だった…


さて浮かれていく智子
憧れの柳にあったことが原因だ
矢崎の妻の様子が急変し
さてどうなるのか?



昼ドラ 幸せの時間 あらすじ 13話 [昼ドラ 幸せの時間 あらすじ]

昼ドラ 幸せの時間 あらすじ 13話

香織は矢崎の妻のためにバイトをしたいと
奈津に言い、紹介してもらっていざというとき
一度は逃げ出す香織だが


智子は篠田に会いに行き
達彦と何があったのか?聞いている

「愛を信じていきてほしい、そんなあなたは美しい」と
そんなことを言いながら

達彦は燿子と再度いばらの道に進みだす

また関係をつづけてしまう達彦


燿子のマンションからでてくる達彦に篠田が近寄り
あの女はなにか企んでいると忠告するが
達彦は聞くことをしない

「僕が守りますよ智子さんを」と篠田は宣言する
家に帰るとまた電話があったと言う智子
不意に達彦のカバンを開けている

良介は我慢できず奈津に電話すると
奈津はいきなり「妹にかわれと」
香織に電話をつなぐと香織は無心に謝っている
それを盗み聞く良介だった

一方智子は達彦の所持品を調べている

携帯をみてしまう
着メールは全て松上電機
これはと思い財布を物色
燿子の名刺があるそれには
松上電機と

そして小銭入れに鍵がはいっているのを発見する
次の日智子は松上電機に電話する
電話をすると燿子がでるとっさに切る智子
智子は察知したのか~

香織は街で奈津をみかけ
昨日のことをあやまると
奈津はあらたなバイト話を持ちかける
それにやるっと こんどこそはと香織は意気込む

矢崎は病院で姪っ子がきたと聞く
そして香織に電話すると
香織はホテルにいるようで
いままさに男と関係をもとうとしているようだと

電話の電源は切られ矢崎は良介のところに
香織はどこにいったと駆け込む

そして奈津のところにいくと
香織に客を紹介したと告白する
矢崎はなぐりかかりどおこにいるか教えてくれと
たのみこむ

智子は燿子の部屋の前に来ている
インターホンを鳴らしだれもいないことを確認し
昨日達彦の小銭いれからとった合鍵で開けてみると
ガチャっと空いてしまう

その瞬間 燿子が帰ってくる
燿子はくるしまぎれの言い訳をするが智子は聞かない
燿子は不法侵入で警察よぶなど脅しをかけるが
智子は動じない
おんなの熾烈な争いがはじまった
泥棒猫がそんな言葉をまくし立てる智子

「認めなさいよ」怒っている
「うまくいってないようですね」と返す燿子
もう収集つかない様子

でていく智子
そのころ部屋では達彦がクローゼットに隠れていたようだ
どきどきの達彦

お~~いたのかって感じだね

でていった智子は奈津と会う
そして奈津から衝撃の告白が…

香織のやってはいけないバイトが発覚し
家族の崩壊が始まっていく


昼ドラ 幸せの時間 あらすじ 12話 [昼ドラ 幸せの時間 あらすじ]

昼ドラ 幸せの時間 あらすじ 12話


奈津にバイトの斡旋をお願いする香織

お金が欲しいと

断ると言う奈津

自分で探せばと突き放す

そして塾に寄る達彦
良介に取引なんでしょ
と達彦を突っぱねる
さっさとあの女のところにいけば と

そういいながら良介は奈津の部屋に行くと
燿子がそこに立っていた
「どうなった」と聞くと
良介は
「もうわかれるといっていた」と
うそよと言いながら消化器をかけまくる

香織は街をぶらつく
そこに奈津がやってきて
なにしてるのかと
もうまっすぐに変なところにむかっている香織

でも止めようとする奈津
でもその熱心な思いの香織に
一人回すとそして服装などのアドバイスをする

さてどうするのか香織
奈津に場所の地図を書いてもらい明日と

家では下着を選んでいる香織

達彦と智子は
智子は背中のひっかきキズに薬を塗ろうかと
言うと達彦は罰がわるそうに
そうやって夜がふけていく

次の日
背中の傷のことを話したのってみどりに電話する
でも知らないっていうみどり


そして篠田に会いにいく智子
達彦に殴られた時になにがあったのか?
聞く智子に篠田は愛を信じてというが

あなたのことでもう人が信じられなくなってきたと


香織は奈津に紹介されたホテルへむかう

そこには変なオヤジが待っていて
制服をきろと指示するおっさん
それに従う香織だが
おっさんにくっつかれ
思わず泣き出す
そしておっさんが裸になると思わず
「きゃあああああ」と叫んでしまう

そして達彦の会社
達彦あてに電話がなる燿子からだ
また足が痛くなったともうつきまといがはげしくなっている

香織は矢崎の家の前に座っていて
矢崎の帰ってくると部屋で矢崎に抱きつき

服を脱ぎだし「全部あげる」と

でも矢崎は服をきせ
やさしくことばをかける


達彦は燿子の部屋に寄っている

そこには燿子は泣いている
うそをついたことをなさけないといいながら…

「もうあきらめます」と「地獄へつきおとして」と
なにかの企みか
妙にひかれている達彦

くるしめるそれが愛ならうけとめよう
みたいなことを言う達彦
でも暗闇に微笑む燿子
演技だね~


さて明日は
香織はやはりバイトをしようとする
それを察知して探す矢崎

さて香織はどうなるか?
明日も目が離せないね


昼ドラ 幸せの時間 あらすじ 8話 [昼ドラ 幸せの時間 あらすじ]

昼ドラ 幸せの時間 あらすじ 8話

篠田の強行に驚いた智子
そしてそんな智子を不気味に慰める
親友のみどり

旦那の達彦は相変わらず燿子との関係を
良介は奈津に夢中で
香織は矢崎がきになる

あ~みんな歯車狂ってますね
でもみんな狙ってるものはあれなんですよね~

篠田に襲われたことで
花もいやになった智子は
昨日達彦の買ってきた花を捨てる

「捨ててこようか?」と声をかける達彦に
智子はいい と返事だけ
達彦は花の飾ってあった花瓶をみてふと何かを考えているようだ

矢崎の妻のお見舞いに来ている香織
「あいたかったんだおばさんに」と香織が言うと
よろこぶ矢崎の妻

矢崎のだらしないところが全部好きだと
しみじみと語る矢崎の妻
そのことにちょっとうれしい香織だった
帰ろうとするとそこには矢崎が
声をかけようとすると
矢崎は病院でお金を払っている
「今日はこれだけです。もうちょっと待って下さい」と
入院費なんだろうか?
それを隠れてみている香織
なぜか寂しそうだ

そして香織が家に帰るとそこには篠田がいて
香織は篠田を家にあげるが智子はいない

香織は篠田に
「うちの家族はどう見える?」そんなことを聞くと
「すばらしい家族だ」という篠田

そこに智子と良介が帰ってきて
篠田を見て驚く智子

離れなさいと香織を篠田の近くから引き離すと
篠田が「ゆるしてください」と土下座する
「やめてください子どもたちのまえで」
そんなやりとりに不審を感じた良介は
「ママに何をしたんだ~~」と突っ掛かるが
智子は引き離し、平手打ちを篠田にかまし
帰らせる

兄弟は何があったのか?聞くが智子は答えない…


外は雨が降っている

そとに出ると篠田が雨の中に立っている
花で許してくれと篠田は言う

帰れと言うが、篠田は一向に帰らない
「もうむちゃくちゃにしないで」と智子はいう
そして「二度と現れないでと」

良介は感づいて、智子に詰め寄るが
「家族みんなで話をすれば」良介は正しいことを言うが
大人の理屈で言えないの一点張りの智子

良介は思わず家を出て奈津のマンションに行っている
でもいない奈津
帰ろうとするが
燿子のことを思い出し
部屋を訪ねる
中では達彦と燿子が愛し合っている

部長昇進としょうして部屋の鍵を渡す
「できるだけいつもどおりにしていて」そんなことを言っている
燿子でも何やら不敵な…

夜智子は達彦の誘いに乗らない
やはり篠田との悪夢が消えないようだ

花を捨てたことを指摘する達彦だが
そんなことではない智子

だが愛を強要する達彦

一方花屋では、篠田がもうくるってしまっている
自殺をしてしまう…

なぜか朝から咬み合っていない家族風景

そして良介は花屋にたちよってみると
そこに篠田が倒れている

そして智子に連絡をする
命に別状はないようだ
篠田はうわ言の様に
智子にわびていたと良介

篠田は無事だったようで
元気な様子
そして病室に良介を探しにきた智子と病室であう

篠田に説教をしだす智子
変なうわさがたつじゃないの と一喝する

そんな話をきいていた良介
「助けるんじゃなかった」と篠田に襲いかかる
もう切れまくっている

家族のためだと黙っていろと智子は良介に言う
その説得に納得したような良介だった

達彦の会社に差出人不明の手紙が届く
開けると中には智子が篠田に襲われている社員が
達彦は驚愕する…




さて明日は
傷ついている智子に写真を見せ、罵倒する達彦
良介は奈津の絵のモデルになっている 裸で
香織は矢崎と急接近

どうなる

篠田は智子にどう関わるさ~見所満載ですね

昼ドラ 幸せの時間 あらすじ 6話 ネタバレ [昼ドラ 幸せの時間 あらすじ]

昼ドラ 幸せの時間 あらすじ 6話 ネタバレ


今週もどれだけドロドロするのか楽しみですね~

さてみんなの思惑がどんどん出てくる週になりそうですね

燿子は花屋の店員篠田にけしかける

智子は矢崎の妻を見舞っている
先日の香織がごちそうになった件を。
矢崎の妻は幸せだと語る
ま~矢崎が女ったらしだと知っている上で…

けしかけられた店員篠田はまた遠くから家を覗いている
それをまた見かける良介

ストーカーだと良介は智子に警告する
ママが好きなんだと

そんな話を智子は良介のこと、奈津のことに話題を変える

奈津をちゃんとしてないとこの前いったことを気にしている良介
智子に言われて怒り気味

花屋の篠田は智子のハンカチで妄想にふけっている
かなり危ない感じ

達彦はあたまから燿子ことがはなれない
そのまま燿子の家に
もう燿子のことが頭から離れないといい
達彦はまたしても燿子との関係を持ってしまう
そして家路へ

家に帰った達彦は智子と矢崎のことを話している
幸せそうだった矢崎の妻
そんなことをしみじみ言う智子

矢崎のもってきたおみやげの仮面をまた飾り
それは反面教師だといい
家族に宣言する
ほんとの自分を見せるからみんなもそうしてと…

買い物帰り、智子の荷物を篠田はもつ
なんでもしますよときもちいほどの笑顔で語っているが
内心は…

智子は良介にいわれたことを少し考えながらも
そこまで警戒していない様子だ

篠田は家の中まで入ろうとしたが
タイミングよく香織が帰ってくる

そこで香織と篠田のことを話す
年下の子から思われてるのはいいことじゃないと
若者の発想

そしてその話を盗み聞く篠田

燿子は入院している父親にまたしゃべっている
今幸せだと

そして良介は奈津を探してこの前のお詫びをする

奈津の部屋の上に階に燿子が住んでいるようで
一緒にオヤジがくるの待ってみると誘うが
断り逃げていく良介
その逃げ先で人とぶつかる
燿子だった…

さて明日は
篠田の猛攻が智子に襲いかかる
あ~最悪の結果に

そして達彦が部長に昇進?

さ~荒れてくるぞ~

昼ドラ 幸せの時間 あらすじ 5話 [昼ドラ 幸せの時間 あらすじ]

昼ドラ 幸せの時間 あらすじ 5話

別れようと切り出した達彦だが
燿子が会社まで乗り込んできて
その姿は、松葉杖を付き、そして転んで
「痛い・痛い」といいながら

そんな燿子を自宅まで連れて帰る達彦

そして燿子の家では
「責任とって」と
裸になりながら達彦に抱きつく燿子
そんな誘惑に打ち勝つ達彦だが
少し不安が残るようだ
そんな達彦をとおりかかった奈津が見ている


自宅では香織がバイオリンを奏でている
ピアノは智子が引き

実にすばらしい
そこには智子の母が来ている
「まあまあじゃない」と家の評価をする母
「わかれなさい」と忠告しにきたようだ

そんな幸せな家を遠くから花屋の店員が覗いている
それを見つけた良介が声をかけると立ち去ってしまう

そして夕食時
今日来た母のことを達彦に話す智子
そしていい家を建てたといっていたことを伝えると
喜ぶ達彦
良介はそこに自分の部屋の天井がおかしいと
いいそうになったが香織にとめられる

夜 寝室では達彦と智子
機嫌も治ってきたのか、仲直りの…

良介は一人で奈津のことを考え、ふけっていて
香織はこのまえの矢崎のことが気になる

そして次の日
矢崎は奥さんを連れている
久々の退院の様で
結婚記念日ということもあり
ご飯を食べにいくようだ
そこにたまたま通りかかった香織をさそう

ご飯は定食屋
二人の原点の店の様で
オムライスを食べている
幸せそうな二人を見て
思わず矢崎に聞く
「この前のおじさんときょうのおじさんどっちが本物?」
「どっちもおれだよ」と矢崎は返す


そして良介
ホテルから出てきた奈津に出会う
何か男ともめているようだ
そこにとめに入る良介だが男に殴られてしまう。

矢崎のことを家に帰って話す香織

家族団らんしているがそこに燿子から達彦にメールが
「電話して、1分以内に」と

電話すると泣いている燿子
病院に連れて行って」とひっしに言っている

そして家に帰った良介
顔は殴られている
ちょうど仕事に行くといって家を出ていく達彦に会い
傷を心配される

奈津との話をする智子だが
奈津は自分はイケナイバイトをしていると言ってしまう。
智子はおどろき

どこで知り合ったのか良介につめよる智子だが
奈津は切り返す
「息子のことより旦那のことは」って

「もう型がついている話」と話す智子

そして奈津はでていく
「ありがとう良介さん」と皮肉も込めて

そして達彦と燿子
燿子は病院の父親の病室に達彦を連れて行く

いままでの身の上を話す燿子

それを聞いて達彦はちょっとなびく…

達彦が帰ってくると智子は今日来た奈津に
見られていたわよと釘を刺す
「どこで見られているかわからないわよ」と

次の日
花屋に花を買いにきている智子
店員はもう夢中だが
さっさと立ち去ってしまう智子
それを見ている店員に
いきなり燿子が「あなた好きみたいね、あの人が」と図星で言い当てる

そしてけしかける

かなりなびいている店員 さてどうなるのか?

来週は動くぞ~まだ2週目なのに
燿子のトリコなっていく達彦
そして智子をわがものにしたい花屋の店員
奈津を好きな良介

さ~出揃ったのか~
始まりますね



わかいね~
昼ドラ 幸せの時間 あらすじ ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。